疑似tab構文

これはアンカー可能です。
疑似タブ構文

タブ1のコンテンツ

タブ2のコンテンツ

タブ構文

タブ1のコンテンツ

Code

[[include :rtas:tab:inc |b2=1]]
[[include :rtas:tab:menu |name1=タブ1|name2=タブ2]]
[[include :rtas:tab:con |head=--]|]]
[[include :rtas:tab:con |id=1|top=--]|]]
タブ1のコンテンツ
[[include :rtas:tab:con |end=--]|]]
[[include :rtas:tab:con |id=2|top=--]|]]
タブ2のコンテンツ
[[include :rtas:tab:con end=--]|]]
[[include :rtas:tab:con foot=--]|]]

引数 説明
id 1~200まで順番に指定してください。nameの番号と結び付けられています。
b{$id} クリック時に一番上に持ってくるタブの指定
name1 tabのタイトルです。
name200 tabのタイトルです。

注意

タイトルに0は使えません。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License